こんな、機械見たことありますか?俗に言うフレーム修正機です。
e0357229_00444116.jpg
どこかで見たような工場の風景です。この機械も今じゃ邪魔でしょうがない、無用の置物です。
なぜなら、この機械は私の老後の趣味の為の物でしか無い為です。
老後??そうです。私は今年43歳。創業13年目。同年、某、21賃貸不動産の片棒も担がされてますが
(当時、初の最年少 単独オーナーだったのですが・・・30歳で1おくごえまんちゃれんじは怖かったな~)
そんな私も、この前、父の日のお祝いをされました。(親は無くとも子は育つ)息子らしき息子にして頂きました。
(彼がまだハイハイしている時に、彼の母親と母親の親と言ういーじいさん・かーさんにつれて行かれちゃ~つぅた~)ので
19歳になってました。(初年度登録が平成10年式)波乱万丈な人生に終止符が打たれた気分でした。
この半年で、体重は20キロ減で173cmで55キロ。最大総重量で82キロ(28歳時)スレンダートーンが効いているのか~???
私が19の時ってどうだったんだろう?どんな気持ちで、何を考えたり、もがいていたんだろうなんて思いました。
(ま~残念ながら20で佐久間社長と出会ってましたが・・・)究極のボデイクラフトとか目指していたような気がします。
九州にあった、ロードスターという会社が造る車に小学生の頃から刺激されまくって、ボデイショップ たなか様の徳島工場に
就職しようとして、親に反対された頃だったな~。



[PR]
# by cs-aomori | 2017-06-21 02:07

つくずく思うのですが、キャンピングカー・車中泊車両が増ています。
それに便乗して、様々な車輛が制作されています。
あなたのお車、充電大丈夫ですか?
e0357229_02450194.jpg
e0357229_02450548.jpg
画像はアイドリングで普通に上がる充電電圧です。(若干低めです。なに~もっとあがるの~)
充電系の点検してますか~。

[PR]
# by cs-aomori | 2017-06-20 02:57

怪我のおかげで、大変作業に支障をきたしてきました。
だいぶ、良くなってきました。しかし、今回の怪我で思いましたが、
医者次第。医者もだいぶ時代の流れでしょうか?勘違いの、カッコだけの医者気取りが
多いんだな~と付くずく思いました。
と、いう事で、自分もそうならないように、口と容姿と態度は悪いが、腕は良いと言っていただける様に
(大体、当ブログを眺めている方はお気付とは思いますが、ストレートな性格と言動が良いようにレッテルに
なって、損しているタイプです。口で商売出来る様になれればな~とは残念ながら思えない所が悪い所です)
痛めた手をかばいながら、頑張って出来る作業をしています。
e0357229_06545840.jpg
なぜか?今月は続々と電装系トラブルの入庫ばかりです。(他社で修理や点検してもらったそうですが・・・)
とちぎからも当社へ。なんで???
実は、当社制作のお客様の車が・・・・
ブログで完成したら投稿する予定だった車輛があったのですが・・・(制作開始までは画像アップしていましたが)
(お客様から、制作途中のアップ画像に酷似した車輛が他社様で制作されているとの事で、画像のアップの
中止を依頼された為、途中・完成画像はアップしませんが。お客様のチェックは凄いな~と思います。)
この車輛が、とてつもないご評価を頂いている訳だっだのです。(見てくれは似てても全く違うけどね~だそうです)
(なんでこの車こんなになってんの~。配線とか見せて~と言われるそうですが、見えるとこ見ても解んないよ~と言ってるそうです)
このお客様も面白い方なのですが、当社に通って頂いてるお客様は決まって言う言葉が、おまかせ。
(この、おまかせがどれだけ私を悩ませるかです。これとこれがこうなる様になればいいんだけど可能かな~?)
当然、制作日程もおまかせ。順番に作業に入らせて頂いてますが・・・ありがたいな~と思ってます。
H様のグランドロイヤル(最上級グレード。当時なら最高のシステムがコンポーネントされていた車輛)も
かなりやっちゃいましたが。手を加えた感を極力出さず、もともとの制作意図を理解した上で、架装・加工して行くのは
かなり至難です。ハーネスの追加もかなりの数です。
(素人みたいに配線カバーや床下に穴開けて通したり出来れば悩まないんだけどな~恥ずかしくて出来ないし)
足回りもショックだスタビだとか解るとこ見てもな~んも解りません。
鹿児島からもDテントムシのお客様からの足回り・電装系のご相談もありましたが、制作時とお客様の使用状況の変化で
車輛の追加架装のアドバイスも、させて頂きました。(もちろん、見上社長にもご相談したうえでですが)
画像の車輛も内装の仕様変更やあれこれの架装で再入庫しますが、コンパクトの特別仕様の制作やリメイク車輛で工場が
手狭になってます。入口の門は開かずの扉です。何度来ても、門が閉まっていると言われるお客様が多いのですが、
完全予約制にさせて頂いておりますので、とりあえず、いらっしゃる前に、携帯へご連絡下さい。
(セコムのカメラも増設してますが、お車のナンバーではご連絡出来ません。飛び込みの来店はお断りしています)
高額だった特注塗装ブースも今では、家具部材の倉庫。冬までには、なんとかしないと・・・ショールームか???塗装ブース???
高張力鋼鈑用水冷スポット溶接機は残念ながら、FFヒーターのブラケット造りかステーの薄板造り用になってるし・・・ボディショップ様に叱られるな~





[PR]
# by cs-aomori | 2017-06-16 01:15

実は、介護車輌は市販の決まりきった車輌ベースではなく
今、お使いの車輌へ架装出来るんです。(車輌を要確認ですが)
それを、国内でオフィス清水様が展開しているのが
アダプテーションチャンネル。
佐久間社長が介護福祉車輌を17年前に企画・制作し始めた当時は
介護車輌用品もまだまだ少なく、かなり苦労されました。
佐久間社長は、介護車輌もかなり研究して、行き着いたのが
オフィス清水様だったのです。
私もオフィス清水の清水社長やスタッフの方々の熱意ですばらしい
障がいに合わせたお客様のニーズに合わせた車輌の製作をお手伝いさせて
頂きたいと思い、アダプテーションチャンネルへ加入させて頂きました。
いきなり、大手様の様には出来ませんが、障害のある方のお手伝いをさせて
頂きたいと思いまずは
e0357229_02132736.jpg
事務所入り口をバリアフリーへ
(これが、大変だったのです。数社へ相談したのですが、画像の様には
勾配の関係で出来ないと断られ、結局、当社お客様H様とDIY。自作です。
さすがにH様も無理だよと言われてましたが、なだらかなスロープが完成しました)
e0357229_02133272.jpg
事務所にもオフィス清水様の製品PVを見れるように家具作りしました。
更に、
e0357229_02132367.jpg
車輌の型は古いのですが、フルオートリフト車を代車兼送迎車で用意しました。
徐々にですが、デモ車の準備も始めます。
カスタムセレクトの会社理念 お客様の車を創造するお手伝いは介護車輌も
販売だけではなく、障がいに合わせたお客様仕様車輌の製作もしていきます。




[PR]
# by cs-aomori | 2017-05-29 03:13 | 特別仕様車

連休明けて、すぐ、実は怪我してしまいました。
(珍しく、救急車に乗車させて頂きました。貴重な体験でした)
佐久間社長には、仕事中ではなかったので、大目玉くらいましたが・・・・
(仕事中ならまだしも、何をしてるんだ~~~~~)
と、いう事で、ようやく2週間たち、キーボードが打てる様になったので
(お客様は普通に接客等はしていたので、きずかなかったでしょ)
ブログを書きます。(新潟は完全にストップしたままですが・・・)
怪我する前は、連休中も


e0357229_23575884.jpg
箱車的快適足回り。(佐久間社長いわく、この画像載せていいのかよ???
部分的に何してるか解るぞ~)と言われましたが、この程度ならどこでも
やってるレベル(観て解る程度は恥ずかしくて、間違ってもパクルレベルじゃ
無いよ~)と思いますが・・・だって
e0357229_23580380.jpg
17歳から3年掛けて作った(フル公認です)2代目。初代は15から
作ったコースター(北海道ソウダファクトリーにお嫁に行った訳ですが
何歳から車いじってる???2代目がワンオフキャラバン???)
ホイールに合わせて作ったブリスターフェンダー。さり気ないでしょ。
車検証の備考欄は原動機・操縦装置・動力伝達装置・縣懸装置・車体・制動装置とかいっぱい記載した車ハンドメイドで造って、佐久間社長に拾ってもらった時代に比べれば、全然。でも大変だったな~。
この当時、アルミ履いて公認とってたのが、なんとドリームエーティーさん。
だから、この車もノーマルから2インチアップでとってますが・・・
そんな時にこの車が現れて・・・・
e0357229_00300248.jpg
ギャフンと言わされた訳です。ボディクラフトの最終は6輪車。
屋根切っては序の口。ストレッチフレームも凄いです。
(と言う事は、テントムシの6wは・・・凄いと言う事です)
この様な車は、当時豪華絢爛な内装に照明。傍迷惑では在りましたが
凄いハイパワーオーディオ(俗に言う、フルマルチ・低音用スピーカー)
だから、キャンピングカーにも余裕で生かされる訳です。
あんなに、高出力のスピーカー鳴らす為のアンプの電源。煌びやかな内装。
とことん、ウイーラブザアースを目指した車が走行出来る足回り。
確かに、あの当時も何と無くそれっぽく、それっぽい業者製作の車輌が
多々ありました。だから、流行ものにしかならなかったのですが・・・
改造車ならではのノウハウがなければ、キャンピングカーや車中泊車は
不便な車にしかならないと思いますよ~。ハンドメイドで楽しむのは
良い事です。(私もハンドメイド上がりですから。しかし今は業者。)
早く怪我治して、全力投球しないと、お盆前納車が・・・・



[PR]
# by cs-aomori | 2017-05-28 02:35